医療関係者の方へ

OncoPrimeについて

次世代型シーケンサの登場により遺伝子(ゲノム)解析技術が飛躍的に進歩し、少量のDNAから短時間で一度に多くの遺伝子変異の解析が可能となりました。すでに肺がんにおけるEGFR遺伝子やALK遺伝子、大腸がんにおけるRAS遺伝子など、実地臨床の場においてもがん細胞における遺伝子の変異の有無を調べる検査が行われていますが、OncoPrimeでは223に及ぶがん関連遺伝子の変異を一度に解析することが可能です。そこで得られたゲノム情報を利用し、がんの診断や治療法の選択に役立てることを目的としています。
次世代シーケンス技術を応用した同様の網羅的遺伝子変異解析検査はアメリカ合衆国ではここ数年で急速に臨床現場にも広まって来ており、日常のがん診療において重要な検査の一つになりつつありますが、日本国内での導入は京都大学病院が初めてとなります。 検査結果のレポートには以下の情報が含まれています。

OncoPrimeのお申し込みについて

検査のお申し込みは保険適応外の自由診療となります。OncoPrimeを希望される患者さんがおられましたら、京大病院がん薬物治療科のセカンドオピニオン外来へご紹介ください。尚、現在、京大病院に通院中の患者さんにつきましては、がん薬物治療科の外来担当医までご連絡ください。

検査のお申し込みにあたりましては、以下のご確認をお願いいたします。

検査のお申し込みにあたりましては、以下のご確認をお願いいたします。
~ご提供頂くホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)標本について~
※以下のような標本は、DNAの抽出やシーケンスが出来ませんので、避けて頂きますようにお願いをいたします。
~ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)標本がない場合~
お問い合わせ
資料ダウンロード